ホラサスDAYS

エレベーターが舞台のパニック映画「パニック・エレベーター」

ホラー映画,エレベーター

エレベーターでの恐怖を描いたパニック映画「パニック・エレベーター」


ホラー映画の中には、エレベーター内で発生する事件を描いた映画もあります。おすすめのパニック映画と言えば、「パニック・エレベーター」です。この映画は、イタリア作家であるジャンルカ・モロッツィの小説「Blackout」が原作で、英国&スペインが合作して製作したサスペンス・パニック映画です。
2007年に公開され、日本では劇場未公開でしたが、2009年10月23日にDVDが発売され、パニック映画好きな方の間で話題になりました。

パニック映画「パニック・エレベーター」の内容


ある日の夕方、古ぼけたアパートのエレベーターに、男性二人と、女性一人が偶然乗り合わせますが、突然停止してしまいます。 すぐに動き出すと思っていた三人でしたが、いっこうに動かず、救助が来る気配もありません。三人はそれぞれ急用があり、複雑な事情を抱えていました。病院で死にかけている祖母から、頼まれ物を取りに行く途中だった女子大生のクラウディア、預けていた娘を迎えるため、準備しなければならない医師・カール、恋人のフランチェスカと駆け落ちする約束をしているトミー…。密室に閉じ込められ、予定時間を大幅に過ぎている三人ですが、それぞれの「本当の事情」が、少しずつ明らかになっていきます…。そしてある人物は、殺人鬼としての本性を現します…。

 
Return Top