ホラサスDAYS

ホラー映画は70年代の作品もすごいんです!

ホラー映画、70年代

1970年代のホラー映画もすごい!


1970年代のホラー映画といったら、どんな作品が思い浮ぶでしょうか?
悪魔、超常現象、ゾンビ、モンスターなどなど、70年代のホラー映画にも、優れたオカルト作品が多いです。得体の知れないものや、殺人鬼に追われたり襲われたりする恐怖は、ハラハラドキドキするけれど、クセになりますよね。今回は、ホラー好きな方のためにも、70年代のホラー映画には、どのようなものがあるかというのを、ご紹介いたします。

『ゾンビ』


惑星から降り注いだ光線によって、なぜか死者が復活し、生きている人間を襲い始めます。テレビ局で働くスティーブンと、その恋人フランシーン、SWAT隊員のロジャーとピーターは、郊外のショッピングセンターに逃げ込みますが、やがてそこにも、死者の群れが侵入していきます…。
「ゾンビ」は、ジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ・シリーズ第2弾です。ゾンビ映画初心者の方におすすめしたい、70年代の定番ホラー映画す。


『悪魔のいけにえ』


「悪魔のいけにえ」と言えば、殺人鬼レザーフェイスの恐怖を描いた、70年代の良作です。監督は、商業映画初作品となったトビー・フーパーです。
アメリカのウィスコンシン州で実際に起こった残忍な殺人事件をもとに、旅行中の若者達が、テキサスの片田舎で殺人鬼に襲われる様子を描いたホラー映画です。ヒッチハイクで拾った男性が、いきなりナイフを持ち出す場面から恐怖が始まります…。

『ゾンビ〜ディレクターズカット
完全版〜』


死者が蘇り、街をさまようゾンビ達…。人の肉を食べ、食われた人間もまたゾンビ化していきます。次第に世界中はパニックになっていきます…。ショッピングモールに逃げ込む事に成功したスティーヴンやピーターでしたが、血肉に飢えたゾンビ達の魔の手は、すぐそこまで来ています…。彼らは果たして逃げ切れるのでしょうか。

 
Return Top