ホラサスDAYS

ホラー映画は低予算で作られている作品が多いんです・・・

ホラー映画 好きな人 ホラー映画は、日本であれ、海外のであれ、他の映画ジャンルに比べると、出演者に対するギャラや、製作制作費用などは低予算ですが、興行収入を見てみると、低予算でありながらも、意外と収益を集めているホラー映画もあったり、世界的に大きなヒット記録を出したホラー映画などもあります。今回は、低予算でも、質の高い評判のホラー映画をご紹介します。

「フッテ—ジ」


このホラー映画の予算は、300万ドル(約2億9380万円)です。イーサン・ホーク主演で、恐ろしい映像を発見した事から、迫りくる死の運命から逃れられない、ある男の恐怖を描いたホラー作品です。

「ラスト・エクソシズム」


ラスト・エクソシズムは、2010年に公開されたアメリカンホラー映画です。ドキュメンタリー手法が印象的です。

「インシディアス 第2章」


500万ドルという低予算ながら、大変話題になったホラーです。この作品は、ソウシリーズや、死霊館など、斬新なホラーマスターとして評判になったジェイムズ・ワンが、前作に引き続き、低予算ホラーの監督を務め、全米で大ヒットを記録し、日本でもファンが増えました。

 
Return Top