ホラサスDAYS

ホラー映画もアニメも好きならこの映画を!

ホラー映画、アニメ

ホラー映画ベスト4!〜アニメ篇〜


■ 4位 「パーフェクトブルー」

このホラー映画は、今敏監督の初監督作品であり、漫画ファン以外にも、名の知れた傑作サイコサスペンスです。

アイドルから女優への脱皮を目指す主人公が、捨てたはずの自分の影に追われ、次々と周りで奇怪な惨劇が起こり始めます。虚実が交じりながら、最後にはつじつまが全て合います。一見すると、実写でも容易に制作できそうな映画ですが、クライマックスの演出を、リアリティレベルもキープしたまま展開できたのは、やはり漫画ならでは!アイドルをサイコサスペンスの世界観で描くにも、漫画という二次元の表現だからこそ、高い効果があったのでしょう。その一方で、きちんとテキスト通りの娯楽作品として仕上がっているからこそ、新奇性が目立たない印象もあります。

このホラー映画が好きな人も多いでしょうが、「すごい!」と感じる人も多いのでは。

■ 3位 「ドラえもん のび太のパラレル西遊記」

この映画の原作者が病気で倒れてしまった事もあり、「西遊記」というモチーフを与えられたアニメスタッフが、オリジナルストーリーを作成しました。

孫悟空の実在を証明しようとした主人公が、ひょんな事から、妖怪の世界を作ってしまうというSFサスペンスです。普段は日常を舞台にした平和なファミリーアニメだからこそ、時間改変によって、日常生活が妖怪に染まってしまう中盤の恐怖が面白いです。明確な原作はありませんが、原作者の既存作品から、細かい引用も利用して制作されています。

■ 2位 「バンパイアハンターD」

「吸血鬼ハンターD」の、2度目の漫画映画化作品です。アニメーター出身監督には珍しく、アクションが魅力的であっても、物語に合わなければスパッと省き、ハードボイルドらしい語り口を生み出します。

物語は、吸血鬼から少女を取り戻すために、吸血鬼ハンター達が、人知れない世界へと入っていきます・・・。血と死と暴力にあふれた旅路で、人道から外れた者達の醜さ・美しさがフィルムに刻まれます・・・。

B級アクションホラーに求められる全てが詰まったホラー映画です。繊細で美しいデザインの登場人物がなめらかに動く映像は、一般的な漫画になじんでいる観客だからこそ、よりリアルな恐怖を感じられるでしょう。

■ 1位 「ブラック・ジャック劇場版」

ブラックジャックは、漫画オリジナルストーリーで制作された、医療サスペンスの傑作です。超人化した人々の活躍と、そのバックでうごめく謎の病気と人々の陰謀に、無免許医ブラック・ジャックが立ち向かうという内容です。

初期の原作は、ホラー漫画というよりも、「怪奇まんが」というジャンルでしたが、架空の病気を取り扱ったメディカルサスペンスもホラージャンルに含まれるため、「ホラー映画」のジャンルとして位置づけられると言えます。

杉野昭夫キャラクターデザインが、独特な雰囲気とリアリティを生み出し、ホラーアニメでは珍しく、生理的な嫌悪感がうまく表現されています。

 
Return Top