ホラサスDAYS

ホラー映画で怖いマスクベスト3

ホラー映画 マスク

マスクで怖さが倍増するホラー映画 ベスト3!


■ 3位 「悪魔のいけにえ」

お兄さんに叱られて、大きな身体を縮める場面や、サリーに逃げられた悔しさを、チェーンソーを使って全身で表現する姿は、血でグロいシーンを除いたら、幼くてかわいらしいマスクに見えます。このホラー映画で出てくるマスクの特徴は、人の皮をはいで作ったところです。リメイクされた続編ホラー映画「テキサス・チェーンソービギニング」では、口元だけを覆ったものをつける場面も出てきますが、この時のレザーフェイスは、妙にイケメンに感じてしまう人もいるのでは?ビギニングでは、これをミシンでせっせと縫っている場面もあり、なんだかほのぼのしてしまいます。

■ 2位「ハロウィン」

このホラー映画で出てくるものは、「スタートレック」のカーク船長のマスクの目元をくり抜き、さらに白く塗り、完成!しかし、マイケルのは、カーク船長が白塗りというだけでなく、しっかり一つの「キャラ」として確立しています。最初の「ハロウィン」は、その後シリーズが2、4〜と続きますが、よく注目してみると、少し劣化してきているなど、変化が分かって面白いです。ロブ・ゾンビが監督したリメイク版しか見ていない方は、是非ジョン・カーペンター監督のホラー映画「ハロウィン」もご覧になってみてください!ジョン・カーペンター監督版の特徴と言えば、血みどろでぐろい感じというより、じとー、グサッ、じわ〜という恐怖感がやみつきになります。 

■ 1位 「13日の金曜日」

ジェイソンが出てくる事で有名なホラー映画「13日の金曜日」。ホッケーマスクの殺人鬼、ジェイソン・ボーヒーズですが、実際にこれをかぶりだしたのは、実は3作目からなのです。定番のホッケーマスクもいいですが、2作目で出てくるズタ袋姿のジェイソンも面白いです。

Facebookでコメントする!

Return Top