ホラサスDAYS

ゾンビ映画は日本の作品も面白い!

ゾンビ映画 日本

日本で公開されたおすすめゾンビ映画!


ゾンビ映画というと、海外に多く、外国のゾンビ映画の方が断トツに面白いと思うかもしれませんが、日本のゾンビ映画も負けていません!特に2015年は、日本でゾンビ映画ブームだったような気もしないでもありません。

ゾンビ時代劇「新選組オブ・ザ・デッド」


日本で2015年春に公開されたゾンビ映画「新選組オブ・ザ・デッド」は、人気お笑いコンビであるバナナマンの日村が、初めて単独主演を務めた時代劇ホラームービーです。ホラーなのに日本的で情緒あるというのがまた面白いです。
新選組の名を振りかざし、好き勝手な生活を送っていた屑山下衆太郎ですが、ある夜の事、ゾンビに噛まれて、自分もゾンビと化してしまいます…。その一方で、輸送中のゾンビに逃げられた武器商人・カウフマン商会は、新選組に捕まえられたゾンビを取り戻すため、有名な殺し屋である唐人エックスを呼びます…。

話題のキャスト・屑山下衆太郎(くずやまげすたろう)役の日村勇紀


バナナマンの日村演じる屑山下衆太郎は、自称「新選組最強の漢(おとこ)」と吹聴し続ける、新選組のお荷物隊士です。

ゾンビジョージ役のチャド・マレーン


アメリカ人のゾンビを演じるのが、チャド・マレーンです。もともとは船乗りでしたが、輸送中のゾンビに噛まれてしまい、自分もゾンビになってしまうのでした…。

 
Return Top