ホラサスDAYS

A・シュワルツェネッガーが放つゾンビ映画の新境地『マギー』日本公開へ

マギー アーノルド・シュワルツェネッガー アビゲイル・ブレスリン あのシュワちゃんが新境地を開拓! 伝説的なアクション映画スター、アーノルド・シュワルツェネッガーがプロデュース(出演も)したゾンビ映画『マギー』が、2016年2月6日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開することが決定。シュワちゃん史上初のゾンビ映画出演としても、大きな話題を呼んでいます。

アクション映画では、数々の敵をなぎ倒し、世界を何度も救ってきたシュワルツェネッガー。本作でも「キレッキレのアクションでゾンビを豪快にやっつける?」と思ってしまうところですが、なんと本作で彼が扮するのは・・・「家族を守るストイックな農夫の父親」。ストイックな・・・農夫の・・・・・・父親・・・?

実は本作『マギー』、シュワルツェネッガーとしても新境地であり、ゾンビ映画としても新境地を開拓している作品なのです。

あらすじ


壊滅的ウイルスの襲撃を受けた世界。かろうじて回復の兆しが見えるなか、1人のティーンエイジャーが感染する。彼女は残された貴重な数週間を生きながら、自らの死すべき運命に対峙するための強さと勇気を見つけようとする。

父親は恐怖におののく町の人々から娘を守り、家族をまとめようと奮闘するが無力だ・・・。本作はゾンビ映画的な展開を期待させながら、このジャンルを感動的にとらえ直し、説明不可能な恐怖の中にも人間的な顔をのぞかせる。


本作は、ウイルスに感染した一人の少女と、その父親の物語。よくあるゾンビ映画のパターンとは、ちょっと違うのです。
マギー アーノルド・シュワルツェネッガー
「これは僕にとって新しい経験だし、ゾンビ映画というジャンルにとっても新しい。だから出演するだけでなく製作したいと思ったんだ。普段なら絶対にしないことだよ。」-アーノルド・シュワルツェネッガー

『マギー』のここが違う!


大半のホラー映画では短時間で人間がゾンビに変わりますが、『マギー』では人間が数週間かけてゾンビへと変身していきます。進行性のウイルスに感染することでゾンビ化してしまうという設定で、病気の世界的流行という私たちの身近な現実に根付いたものになっているのです。
マギー アーノルド・シュワルツェネッガー アビゲイル・ブレスリン
「ゾンビ映画を考える時に習慣になっている血みどろの世界観とは違い、『マギー』はもっと現実的なシナリオを考えさせる。ゾンビウイルスが大流行したとしたら、人間が人間でないものに変身するまでにはある程度の時間がかかるだろう。事実の否定から享受まで、悲嘆の段階は進んでいき、家族にとっては内臓飛び散る血の海より恐ろしい事態が展開するんだ。実に斬新だよ。」-コリン・ベイツ(プロデューサー)

主人公を演じるのは?


本作の基となっているのは、2011年ベスト未製作脚本に選ばれたジョン・スコット3世のオリジナル処女脚本。そして監督を務めるのは、大ヒットドラマ「ウォーキング・デッド」のメインタイトルディレクターや、アカデミー賞のクリエイティブ・ディレクターを手掛けるヘンリー・ホブソン。本作で長編映画デビューを飾っています。
マギー  アビゲイル・ブレスリン さらに、ウイルスに感染してしまう娘のマギー役には、『ゾンビランド』で、ゾンビと戦う生存者を演じたアビゲイル・ブレスリン。彼女は『リトル・ミス・サンシャイン』のオリーブ役としても有名! あのオリーブちゃんが、とても美しく成長していましたよ・・・・・・。


娘として守るのか-。ゾンビとして殺すのか-。父娘に待つ結末とは? 映画『マギー』は、2016年2月6日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開です。

「かつて見たことがないほど人間的なゾンビ映画だ。僕はかつて演じたことがないほど人間的な役を演じている。そのことを誇りに思うよ。我々が作った映画は感動とサスペンスに満ちている。観客を驚かせ感動させることだろう。」-アーノルド・シュワルツェネッガー

「これは家族の軌跡を描く物語だ。彼らは過去にけじめをつけ、現在と格闘し、喪失と不確定性が避けられない未来に向けて備える。ありがちなゾンビ映画より強く心に訴える映画だ。世界が崩れ落ちようとする時にいかに平安を見つけるのかという問いを投げかける。」-コリン・ベイツ(プロデューサー)
マギー 監督:ヘンリー・ホブソン
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー|アビゲイル・ブレスリン|ジョエリー・リチャードソン

2015年/アメリカ/95分/原題:MAGGIE/カラ―/ドルビーデジタル/シネマスコープ/G/配給:ポニーキャニオン

STORY
感染するとゾンビ化していく、壊死性ウイルスが爆発的に流行している近未来のアメリカ。田舎の小さな町に住む16歳のマギーも、このウイルスに感染する。その頃、当局は感染者たちを社会から隔離された特別病棟に収容していた。そこで、苦痛と危険に満ちた過程を経てゾンビへと姿を変えるが、その後、どうなるかについて、語られることはなかった。

父ウェイドは、感染の診断を下されて姿を消した娘のマギーを捜し出し、家族のもとへと連れ帰る。家には継母にあたるキャロラインと下の子2人がいる。ウェイドは、実母を数年前に失くした大事なマギーを可能な限り、手元に置こうと、隔離命令を持って現れた地元警察を追い返す。しかし、マギーの苦痛に満ちた変化は徐々に進行していき、キャロラインは2人の子供を連れて家を出た。ウェイドは1人、苦しむマギーを為す術もなく見守るだけだったが、決断の時は、迫っていた…。
公式サイトhttp://www.maggie-movie.com/
© 2014 Maggie Holdings, LLC.All Rights Reserved.

Facebookでコメントする!

Return Top