ホラサスDAYS

【人類よ、これが悪夢だ!】映画『エリザベス 神なき遺伝子』公開決定

エリザベス 神なき遺伝子 「映画が描いてはいけない領域は、ある・・・」そんな“タブー”に踏み込んだ、禁断の最狂バイオロジック・ホラーが日本にやってくるぞ!

このたび、映画『CLOSER TO GOD』が邦題を『エリザベス 神なき遺伝子』とし、2016年1月16日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開を迎えることが決定いたしました。

2014年ファンタジア国際映画祭にて、脚本賞を受賞したことでも話題の本作。さっそくあらすじをご紹介いたしましょう。

あらすじ

エリザベス 神なき遺伝子 ヴィクター・リード博士は、長年の研究と実験の末、ついにクローン技術による人間の新生児“エリザベス”を誕生させることに成功する。ヒトクローンの創出、それは科学者にとって絶対的欲望であり最も甘美な誘惑、しかし同時にそれは神にも許されない禁断の行為だ。

未知の新人類“エリザベス”に対し、科学的好奇心から様々な実験や投薬を施すリード博士。その実験はエスカレートし、いつしか歯止めの効かない深みへと陥っていく・・・。

一方、“エリザベス”誕生の陰で闇に葬られたはずだった彼の過去と失敗の数々・・・、やがてその存在が明らかになるとき、究極の悪夢が始まるのだった!
エリザベス 神なき遺伝子エリザベス 神なき遺伝子 クローン人間を製造することに熱中するあまり数々の隠蔽を重ね、タブーに踏み込んでしまった科学者が引き起こす“おぞましい”悪夢を描いている・・・とんでもなくマッドなホラー映画のようです。どうなっちゃうの、人類。

“おぞましい”予告編も解禁


「はやく予告編がみたい!」そんな皆さまに朗報です。このほど、本作にグッと近づける予告編が解禁となりましたよ。さあ、お届けしましょう。


▼怖いわ、何が起きるの?


エリザベス 神なき遺伝子
それは人類の進化なのか? それとも神への冒涜か? 全人類の倫理観を試す問題作をぜひスクリーンで! 映画『エリザベス 神なき遺伝子』は、2016年1月16日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開です。

来年もやります未体験ゾーンの映画たち2016」内でも公開するよ

監督・脚本:ビリー・セニーズ
製作:ジェレミー・チャイルズ
撮影:エヴァン・スペンサー・ブレイス

出演:ジェレミー・チャイルズ『ラスト・キャッスル』|シェリーン・ニューマン|シャノン・ホップ|デヴィッド・アルフォード

2014年/アメリカ/英語/カラー/81分/シネマスコープ/原題:Closer To God/配給:ミッドシップ

STORY
遺伝子科学者のヴィクター・リード博士は初めての人間のクローン創出に成功、その実験で生まれた女の子の赤ちゃんにエリザベスと名付ける。リード博士はエリザベスに様々なテストを行う。しかしその行為と写真がマスコミに流出してしまい、それによって、世界を揺るがす道徳的、宗教的大論争を巻き起こすことになる。やがてその論争の中で、エリザベス誕生に費やされた彼の過去と実験の失敗の数々が明らかになっていく。それは人類が見る究極の悪夢の始まりだった・・・。
©2015 Closer To God, LLC

Facebookでコメントする!

Return Top