ホラサスDAYS

人形ホラー映画の『アナベル 死霊館の人形』に大注目!

ホラー映画、アナベル

鳥肌をたてずにいられない
ホラー映画『アナベル 死霊館の人形』


人形ホラー映画として人気になった『アナベル 死霊館の人形』ですが、これは、2013年に米国で公開されたホラー映画『死霊館』にも出てきた人形が、どうして呪いの人形になってしまったかという誕生秘話を描いたホラー作品です。

ストーリーとしては、子供の出産を控え、夫婦で幸せな日々を過ごしていたジョンとミアが、カルト集団の男女に襲われた日から、奇妙な事件が次々と起こっていくというものです。

ホラー映画『アナベル 死霊館の人形』の
キャスティング


ホラー映画『アナベル 死霊館の人形』では、呪いの人形と戦い、娘を必死で守ろうとする女性ミア役を、アナベル・ウォーリスが演じています。彼女は、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』などへの出演で知られています。さらに、医者を目指して就職活動中の夫・ジョンを演じたのは、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で知られるウォード・ホートンです。その他、夫婦が助けを求めるペレズ神父役にトニー・アメンドーラ、本屋を経営する隣人エブリン役はアルフレ・ウッダードがキャストに選ばれています。

このホラー映画のメガホンをとったのは、『バタフライエフェクト2』や『モータルコンバット2』、『死霊館』、『マスク』、『デトロイト・ロック・シティ』などの撮影を担当したジョン・R・レオネッティです。さらに、『ソウ』、『死霊館』などの監督として知られるジェームズ・ワンが製作担当しています。

また、写真をアップロードする事で、写りをアナベル風に加工できる特設サイトも公開中です。

Facebookでコメントする!

Return Top