ホラサスDAYS

イーサン・ホークによるシェイクスピア劇、再び!6月日本公開

アナーキー イーサン・ホーク、エド・ハリス、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ダコタ・ジョンソン、アントン・イェルチン、ペン・バッジリー、ジョン・レグイザモほか、超豪華アンサンブルキャストに震えるっ・・・。

マイケル・アルメレイダ監督『ハムレット』(イーサン・ホーク主演)に続き、再びシェイクスピア劇映画化し話題となっている、映画『アナーキー』(原題:CYMBELINE)が新宿シネマカリテにて6月13日(土)より公開されることが決定しました!(「カリコレ 2015」)

運命に翻弄される“愛し合うふたり”を取り巻く“ギャング”、“汚職警官”、“詐欺師”・・・偽り欺瞞(ぎまん)そして、銃弾!本作は、交錯する思い、入り混じる動機、重大な誤解といった原作の真髄を残しつつ、アメリカの衰退した辺地の町に舞台を移し、大胆にアクションを加えた現代劇へと変貌しています!
アナーキーアナーキー ムチウチ映画で話題沸騰中のダコタ・ジョンソンちゃんも出ておられる・・・!金髪だとまた違ったイメージですね。大量のキスチョコが気になる~。

映画『アナーキー』は、6月13日(土)より新宿シネマカリテ「カリコレ 2015」他にて全国順次公開です。

監督/脚本/製作:マイケル・アルメレイダ『ハムレット』
製作:アンソニー・カタガス『それでも夜は明ける』/マイケル・ベナローヤ『欲望のバージニア』

出演:イーサン・ホーク『6才のボクが、大人になるまで。』
エド・ハリス『スノーピアサー』
ミラ・ジョヴォヴィッチ『バイオハザード』シリーズ
ジョン・レグイザモ『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』
ペン・バッジリー『ゴシップガール』
ダコタ・ジョンソン『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
アントン・イェルチン『今日、キミに会えたら』

2014年/アメリカ/98分/デジタル上映/原題:CYMBELINE/日本語字幕:チオキ真理
提供:ハピネット 配給:武蔵野エンタテインメント 宣伝:ビーズインターナショナル

STORY
鉄の拳と巨大な組織のバイク・ギャング軍団「the Britons」の麻薬王、シンベリン(エド・ハリス)は、後妻のクイーン(ミラ・ジョヴォヴィッチ)を溺愛するが、クイーンがローマ警察からの献金の要求を断るよう唆したことがきっかけで、血まみれの縄張り争いが勃発する。
シンベリンの娘イノジェン(ダコタ・ジョンソン)は、幼なじみのポステュマス(ペン・バッジリー)と結婚する。しかしシンベリンは、クイーンの息子クロートン(アントン・イェルチン)と娘を結びつけるためにポステュマスを追放してしまう。ポステュマスと出会ったヤーキモー(イーサン・ホーク)は、賭けをふっかける。ポステュマスとイノジェンの愛は本物か?ヤーキモーがイノジェンを誘惑するというのだ。ヤーキモーが突き付けた証拠に、ポステュマスは怒り狂う。イノジェンは姿を消し、ギャング軍団とローマ警察との抗争は激化、そして・・・偽りと真実が明らかにされる!!

©2014 CYM Film Holdings, LLC. All Rights Reserved.

Facebookでコメントする!

Return Top