ホラサスDAYS

【中田秀夫監督待望の最新作】『劇場霊』で新たなる恐怖の幕が開く―

劇場霊 恐怖映画の巨匠・中田秀夫監督初の長編映画であり、今なお語り継がれる伝説のホラー映画『女優霊』。あれから20年、中田秀夫監督の最新作となる映画『劇場霊』が、11月21日(土)より全国公開されることが決定しています。

ティザーポスター、そして予告編も公開され、その全貌が少しずつ明らかに・・・。
主演を務めるのは、ぱるることAKB48の島崎遥香さん。そして、女優でタレントの足立梨花さん、モデルでタレントの高田里穂さん、劇団EXILEの町田啓太さんの出演が決定しています。

「女優霊」「リング」などでJホラーを世界に知らしめ、2013年に公開された「クロユリ団地」が興行収入10億円を突破するヒットとなった中田監督が新たに手がける同作は、不気味な劇場を舞台に、女優たちを襲う恐怖を描く。嫉妬、憎しみ、怨念が渦巻く劇場で、3人の女優同士の壮絶な争いが繰り広げられるが、これまでの中田監督作の特徴である静かでじっとりとした空気の恐怖だけでなく、フルスピードで駆け抜ける恐怖が絶え間なく襲いかかるJ(ジェットコースター)ホラーになるという。

引用元:映画.com

どうやら島崎さん、足立さん、高田さんの3人女の争いを繰り広げるようです。これはヒヤヒヤしそうな予感。その上ジェットコースターホラーだというのですからこれまた楽しみ。絶え間なく恐怖よ、来い来い!

中田監督は、同作について「『劇場霊』で描いているのは私の劇映画1作目の『女優霊』に似て、『演劇=虚構』の隙間に忍び込む“魔物”です。その“魔物”は稽古中のステージ上、楽屋、倉庫、そして舞台下の奈落へと『現実への侵入』を止めません」と説明する。そして、「『女優霊』から20年経ち、実話的心霊テイストと呼ばれたスタイルを乗り越えるため、今回は疾走感、おぞましい異形感というものを強く意識しています。『女優霊』や『リング』を同時代的には見ていない若い観客の方々にもこの恐怖を体感していただきたいです」と語っている。

引用元:映画.com

中田監督の『女優霊』は、入江 悠監督も自身のオススメする「心霊映画」として名前を挙げていましたね。本作では、そんな『女優霊』とはまた違う、かつてない恐怖体験ができそうです。なにより疾走感、おぞましい異形感を強く意識していらっしゃるということで、もしかしたら、息をする間もなく恐怖が襲ってくるかもしれません。

それでは、「ちょうだい…ちょうだい…」が耳に残っちゃう、映画『劇場霊』の予告編をどうぞ。



女優さんたちの背後に映る“何か”に、あなたは気がつきましたか・・・?


映画『劇場霊』は2015年11年21日(土)より、全国公開予定です。

STORY
トップの女優になることを夢見る沙羅(島崎遥香)は、新作舞台のオーディションを通過し、脇役で出演できることに。一方、香織(足立梨花)や葵(高田里穂)らが主演女優をめぐってし烈な争いを繰り広げる中、劇場では不可解な事件が発生。事件の真相究明にあたっていた沙羅とスタッフの和泉(町田啓太)は、あることに気が付くが……。
公式サイト:http://gekijourei.jp/
Twitter:https://twitter.com/gekijourei
Facebook:https://www.facebook.com/gekijourei

© 2015『劇場霊』製作委員会
© eiga.com inc. All rights reserved.

Facebookでコメントする!

Return Top