ホラサスDAYS

【こわい動画】そのベビーカーには、近づいてはいけない・・・

Fotolia_78686413_Subscripti 約1年と少し前、Youtubeで爆発的な人気を見せ、日本でも話題になった1本の動画。それは、ニューヨークの街中で繰り広げられた壮大なドッキリ・・・。

街中に放置されたひとつのベビーカー。中からは「オギャーオギャー」という赤ちゃんの泣き声が。「どうしたのかしら」「お母さんはどこなの」と心配して近づくと、あら大変!突然ガバッと悪魔のような形相の赤ん坊が起き上がり、血の気が引くような叫び声を発するではないか。これにはニューヨーカーもびっくり仰天!親切な人ほど怖い思いをするという、とんでもないドッキリなのです。

その名も『Devil Baby Attack』。みなさんご存知でしょうか?早速、観てみましょう!(※閲覧は自己責任でお願いします。)


NYの道行く人々を次々に驚きと爆笑の渦に巻き込む、ホラーベビーカー。中には放送禁止用語で罵る人もいますが、その気持もわかるほど、この動画で作られた赤ちゃん付きベビーカーのギミックがまた秀逸。こちらは複数のコントローラーで操られ、自走も可能で、また赤ちゃんの口をパクパク、首をグリングリンと動かし、はては白い吐瀉物までも出すことが可能なシロモノなのです。

引用元:TOCANA

パチパチと瞬きし、パクパクと口を動かす様は、まるで本物の赤ちゃんのよう。中指を立てたり、ミルクをスプラッシュしたりと、そのクオリティの高さには脱帽です。

実はこれ、2014年にアメリカで公開されたホラー映画『Devil’s Due』が宣伝の一環として行ったドッキリ。妻のありえない妊娠が発覚したことを機に、超常現象に襲われる夫妻の姿を描いたこの作品は、邦題を『デビルズ・バースデイ』としただいま日本で絶賛公開中。(詳しいスケジュールは公式サイトをどうぞ)

ホラー映画を、映画さながらの恐ろしいドッキリで宣伝しちゃお!なんて、まさにアメリカっぽいですよね。狙い通り注目を浴び、さらには日本にまで広がるなんて、宣伝としては大成功ですな。

映画『デビルズ・バースデイ』の詳細はこちら:
今週のホラサス情報『ジェサベル』『サイレント・パートナー』他
© CYZO Inc. All Right Reserved.

Facebookでコメントする!

Return Top