ホラサスDAYS

モンスター映画、日本で上映されたオススメ作品といえば・・・

ホラー映画 ハウス

日本で上映されたおすすめモンスター映画


日本では、海外のモンスター映画が上映されるケースも多いですが、日本で製作され、上映されたるモンスター映画もあります。本当に化け物や怪物などのモンスターが登場するモンスター映画もありますが、今回ご紹介するモンスター映画は、実際にモンスターが出てくるわけではなく、モンスターというあだ名がつけられてしまう程、恐ろしく醜い主人公の人生を描いた作品です。
今回は、日本で上映されたおすすめモンスター映画の中でも、高岡早紀主演の話題の映画「モンスター」をご紹介いたします。

モンスターから美女へ変身する主人公に注目「モンスター」


鈴原未帆は、海辺でレストランを営む絶世の美女です。連日、彼女目当てでお店に訪れるお客さんでにぎわっていました。しかし実は、未帆には田淵和子という昔の名前があり、暗い過去を抱えていました。彼女は高校生の頃、醜い顔からも、周りの友達、家族からもモンスター扱いされ、嫌煙されていました。追い払われるように街を出た和子は、整形手術を繰り返し、誰もがうらやむ完璧な美を手に入れたのです。そして、全くの別人として、街に戻り、人生を歩み始めます…。彼女には、昔やり残していた事があったのです…。

「モンスター」の見所


この映画は、百田尚樹原作の小説を映画化し、上映された作品です。醜い容姿で生まれてきてしまった和子の愛と憎しみを描いています。和子には、初恋の人・高田がいましたが、整形をして美女になった今でも、彼の事が忘れられません。このモンスターのような顔が変わればと思い、整形を決意します。風俗で働きながらお金を稼ぎ、整形を繰り返し、誰もが憧れる絶世の美女として生まれ変わります。昔の街に戻ってきた和子は、やっとの思いで初恋の相手・高田と再会を果たしますが、彼女にはもう一つ、悲しい秘密がありました…。女性なら誰もが欲しがる「美」をテーマに、
愛を求める人間の深層心理に迫ります。7年ぶりに主演を務めた、セクシーな高岡早紀にも注目です!

Facebookでコメントする!

Return Top