ホラサスDAYS

サイコスリラーの漫画が映画になる!

ホラー映画、アニメ

サイコスリラー漫画「ミュージアム」がおすすめ!


サイコスリラー漫画として人気となった「ミュージアム」は、2013年に、「ヤングマガジン」で連載されていた漫画です。実写版では、小栗旬が主演する事になり、大友啓史監督により、2016年映画公開が決定しました!

「ミュージアム」の原作は「GIRL AND KILLER─オンナと殺し屋─」


この漫画の原作となったのは、「GIRL AND KILLER─オンナと殺し屋─」で、これは第61回ちばてつや賞ヤング部門で、大賞を受賞した巴亮介が書いた同タイトルの漫画です。2013年には、「ヤングマガジン」で連載され始め、その過激なシーンと、緊迫したストーリー展開で、ファンをたちまち虜にしてしまいました。連載終了後も、熱狂的な支持を集めている人気コミックです。そして大ヒットした映画「るろうに剣心」の次に仕掛けるビッグプロジェクトとして、ワーナー・ブラザース映画&大友啓史監督が再び手を組み、小栗旬を主演に抜擢し、「ミュージアム」の制作がスタートしたのです!!

サイコスリラー映画「ミュージアム」の内容とは?


雨の日だけ、なぜか次々に起こる猟奇殺人事件…。「ドッグフードの刑」や、「母の痛みを知りましょうの刑」などという、謎のメモが残されていました。それらはまるで、発見される事を前提にしたかのような殺され方でした。警視庁捜査一課・沢村久志刑事は、これは単なる殺人事件ではなく、連続殺人の関係性に気付きます。沢村は捜査を進めていくにつれ、犯人は必ずカエルのマスクをかぶり、事件を実行している事を知ります。そして自分自身と、その家族もターゲットにされる中、沢村は犯人のカエル男を逮捕しようと追い詰めますが…。

サイコスリラー「ミュージアム」の見所


このサイコスリラー作品の中で、小栗が演じるのは、残酷な殺人事件を繰り返すカエル男を追う刑事・沢村久志です。犯人を追うはずが、絶望的状況に追い詰められていきます!この難役に挑む小栗旬に注目です!

Facebookでコメントする!

Return Top