ホラサスDAYS

待つのは驚愕の結末!大ヒットホラーRECシリーズ、遂に録画停止―。

REC4 2007年、バルセロナの古めかしいアパートメントを舞台に、謎のウイルスに脅かされる人々の壮絶なサバイバルを、P.O.Vのドキュメンタリー・スタイルで描き、世界中にトラウマを刻み込んだ『REC/レック』

そんなグローバル時代の21世紀における、今そこにある危機=“感染”の恐怖を、最もリアルかつダイナミックに映像化してきたスペイン産パニック・ホラーシリーズが、待望の最新作『REC/レック4 ワールドエンド』で、遂に完結のときを迎えます!
REC4 『REC/レック』シリーズファンの方はもちろんのこと、そのブッ飛び度はシリーズ随一『REC/レック3』にガクッときてしまった方でもご安心。なんと、『REC/レック1』『REC/レック2』にてマニュエラ・ベラスコ演じた主人公、アンヘラが戻ってくる!
REC4 REC4 物語は『REC/レック2』のラスト・シーンの直後からスタートし、バルセロナを飛び出して海上の密閉空間へ。

そこでの新たな感染パニックは人類存亡の危機さえも予感させ、シリーズ最終章にふさわしい壮大なスケール感をみなぎらせています。世界中を感染パニックに陥れ、拡散&増殖を繰り返してきたシリーズは、はたしてこの最終決戦でいかなる驚愕のエンディングを迎えるのか!?

アンヘラ再び登場に期待も高まりつつ、世界の終りを予感させる空気に息をのむ予告編はこちら!



こちらの予告編を見る限りでは、『REC/レック3』同様P.O.Vはどこへやら・・・。またもやカメラは置き去りなのか!?

そんなカメラの行方も気になる『REC/レック4』。今から公開が楽しみで仕方ありませんね。この機会に『REC/レック』シリーズをおさらいするのもイイかも!

映画『REC/レック4 ワールドエンド』2015年1月31日(土)より、新宿武蔵野館、シネマサンシャイン池袋ほかにて全国順次ロードショーです。

監督:ジャウマ・バラゲロ
キャスト:マニュエラ・べラスコ
2014年/スペイン/原題:REC4/シネマスコープ/カラー/95分/R-15
配給:ブロードメディア・スタジオ

STORY
世界へと拡がる<感染>の恐怖、人類は最期の瞬間を迎えるのか―

大勢の死者を出した謎のウイルス流出事件の現場であるアパートメントで、唯一の生存者が発見された。ドキュメンタリー番組の取材中に内部に閉じ込められたその女性アンヘラは、臨時検疫施設として改造された貨物船に隔離されることに。
しかし医師リカルテの指揮下にある船は、過剰なまでに厳重なセキュリティ網が敷かれ、武装した兵士たちが監視の目を光らせていた。やがてアンヘラはリカルテへの不審を抱く軍人グスマンとともに、船に隠された秘密を探ろうとするが、突如、船内でウイルスが拡散する非常事態が勃発。凶暴化した感染者たちが荒れ狂うなか、ウイルスの“発生源”との疑いをかけられたアンヘラは絶体絶命の窮地に追い込まれていく・・・。
Twitter:https://twitter.com/rec4_WorldEnd
Facebook:https://www.facebook.com/rec4.jp
©2014 REC APOCALYPSE, AIE – CASTELAO PICTURES S.L. All rights reserved.

Facebookでコメントする!

Return Top