ホラサスDAYS

【食人映画】イーライ・ロス監督作『グリーン・インフェルノ』公開決定

グリーン・インフェルノ イーライ・ロス作品をこよなく愛するファンのみなさま、お待たせいたしました。イーライ・ロス監督作『グリーン・インフェルノ』が、ついに、やっと・・・・・・日本上陸でございます! 11月28日(土)より、新宿武蔵野館ほかにて公開することが決定いたしましたよ。

近年は、製作・出演にも精を出していたイーライ・ロス監督。出演作といえば、クエンティン・タランティーノ監督作『イングロリアス・バスターズ』や、『ピラニア3D』などなど。さらに『アフターショック』では、なんと主役として出演しちゃっています。

そして、『ラスト・エクソシズム』や『アイアン・フィスト』、今年の3月に日本を震え上がらせたピエロ映画『クラウン』などを製作したりと、実に活動的!

そんなわけで、ちょいちょいお名前を耳にしたり、目にしたりすることは多かったのです。しかし、本作『グリーン・インフェルノ』は、イーライ・ロス監督としては『ホステル2』以来、6年ぶりにメガホンをとった作品ということで、期待が高まる~! というわけなのですね。

モチーフは『食人族』


なんでも本作は、1981年に全世界をトラウマの渦に巻き込んだ、ルッジェロ・デオダート監督によるホラー映画の金字塔『食人族』がモチーフになっているんだとか。もちろん、描かれるのは 食人! 食人! 食人!

■ あらすじ
意識の高い学生たちは、不正な森林伐採を暴くため、現地に乗り込んで中止運動を起こした! しかし、政府に捕まりあえなく強制送還に。そして、不幸にも帰路の途中、飛行機がアマゾンの森林地帯に墜落! 命からがら助けを求めるが・・・そこで彼らを待っていたのは、人間を喰らう食人族だった・・・・・・・・・
・・・というお話です。主演をつとめるのは、イーライ・ロスの実妻でもある女優ロレンツァ・イッツォ、そしてミュージシャンとしても活躍するスカイ・フェレイラの出演にも注目。聞いたところによれば、本作はかなりのゴアゴアハードゴアらしく、海外での評判も上々だというのです。さあ、ここで気になる本編の中身をちょいと覗いてみましょう。


▼生々しい特報映像はこちら


ロレンツァ・イッツォ演じる主人公ジャスティンが目を覚ますと、そこは何者かが漕ぐカヌーの中。後方に目をやると、赤く塗りたくられた部族の人間が黙々と船を漕いでいるではありませんか・・・。恐怖におののいたジャスティンは、手首を縛られたツタを噛み切ろうと必死! そんなとき、顔面を黄色に塗り、鼻に骨でできた装飾をしたおぞましい族長らしき男「バイヤー」と意味不明な一言を発する。そしてラストには、食人族の群衆がウジャウジャと押し寄せ・・・・・・・・・

いったいこのあと、ジャスティンの身になにが・・・。き、き、き、気になるー!

映画『グリーン・インフェルノ』は、11月28日(土)より、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開です。

監督・脚本:イーライ・ロス
脚本:ギレルモ・アモエド
出演:ロレンツァ・イッツォ|アリエル・レビ|アーロン・バーンズ|カービー・ブリス・ブラントン|スカイ・フェレイラほか
2013年/アメリカ・チリ/101分/シネスコ/デジタル/原題:The Green Inferno/R-18+

STORY
環境保護を訴える活動をしている学生グループたちはアマゾンの森林伐採の不正を暴くために現地を訪れる。しかし、彼らの過激な活動は問題視され、強制送還されてしまう。不運にも帰路についた飛行機にエンジントラブルが発生。あえなく彼らの乗った飛行機は、熱帯雨林に墜落してしまう。生き残った学生たちは助けを求めるのだが、そこにいたのは人間を食べる習慣をもつ食人族だった…。捕らわれた彼らは一人、また一人と喰われていく―。
© 2013 Worldview Entertainment Capital LLC & Dragonfly EntertainmentInc.

Facebookでコメントする!

Return Top