ホラサスDAYS

新感覚のダーク・ファンタジー・ホラー『ウィッチ』の予告編が解禁!

アニヤ・テイラー=ジョイ

新感覚のダーク・ファンタジー・ホラーがついに日本上陸!!

今回は全世界24の映画祭に招待され、ホラーファンの圧倒的な支持を獲得した新感覚のダーク・ファンタジー・ホラーをご紹介します。

予告編では村を追われたひとつの家族が、子供が行方不明になったことをきっかけに、狂気に陥ってゆく姿が不気味な音楽と共に描かれています。
そして、なんと言っても映像全体に色味の少ない無機質な風景が広がり、より一層の恐怖と閉鎖された雰囲気を感じさせる映像となっています。

ウィッチ
監督のロバート・エガースは、本作でサンダンス映画祭監督賞を受賞し、高く評価されました。すでに次回作も決まっており、あのホラー映画史に残る『吸血鬼ノスフェラトゥ』(1922)リメイクの監督として大抜擢され、今後のロバート・エガース監督の活躍に期待が高まります!!

M.ナイト・シャマラン監督の作品にも出演している期待の新星

アニヤ・テイラー=ジョイ 主演のアニヤ・テイラー=ジョイは、昨年の英国アカデミー賞(英国映画テレビ芸術アカデミー)において若手の俳優・女優に送られるライジングスター賞にノミネートされた期待の新星。

記憶にも新しいM.ナイト・シャマラン監督の『スプリット』(2017)や、ルーク・スコット監督作『モーガン プロトタイプL-9』(2016)にも出演し、今後はX-MENのスピンオフ映画『New Mutants(原題)』が控えています。続々と話題作への出演が予定されている、今見るべき女優の一人です。
アニヤ・テイラー=ジョイ
そんな彼女が魅せる見えない恐怖に怯える姿と、予告編の最後に現れる謎の人間?は何なのか…。

ストーリー

1630年、ニューイングランド。父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)と母キャサリン(ケイト・デッキー)は、5人の子供たちと共に敬虔なキリスト教生活をおくる為、森の近くの荒れ地にやって来た。

しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か…。
悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しい愛娘トマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑いはじめる。疑心暗鬼となった家族は、やがて狂気の淵に陥っていく…。

作品情報

Witch 7月22日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
監督:ロバート・エガース
出演:アニヤ・テイラー=ジョイ『モーガン』(リドリー・スコット製作・2016)、『スプリット』(M・ナイト・シャマラン監督・2016)|ラルフ・アイネソン『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2010)、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011)|ケイト・ディッキー『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011)、『プロメテウス』(2012)
配給:インターフィルム 
公式サイトhttp://www.interfilm.co.jp/

©2015 Witch Movie,LLC.All Right Reserved.




保存

Facebookでコメントする!

Return Top