ホラサスDAYS

【お仕置きよ】『ノック・ノック』キアヌが美女に弄ばれる予告編解禁

キアヌ・リーブス ノック・ノック 『ホステル』『グリーン・インフェルノ』のイーライ・ロス監督最新作であり、キアヌ・リーブスが2人の美女にドSないじめを受けてしまう映画『ノック・ノック』。未だかつてないキアヌを見ることができる・・・・・・と早くも話題を集める本作は、6月11日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて日本公開が決定しております。

この度、待望の予告編が解禁となりましたので、さっそくお届けしてまいりましょう。

『ノック・ノック』ってどんなお話?

ノック・ノック イーライ・ロス キアヌ・リーブス 本作の主人公は、愛する家族とともに幸せな暮らしを送る父親エヴァン。ある日、家族の留守中に「道に迷った」と自宅を訪ねてきた美女2人を招き入れたことから、エヴァンの幸せは少しずつ壊れていくのです。

美女たちの誘惑に負けてしまったエヴァンを待ち受けていたのは、彼女たちによる容赦ない暴力! 破壊! また暴力! 果たしてエヴァンの運命は? そして彼女たちの目的は? というお話です。


悪い子には お仕置きよ


さて、このほど解禁となった予告編では、美女たちによる容赦ないキアヌいじめを垣間見ることができますよ。されるがままなキアヌを、とくとご覧あれ・・・・・・。最後まで、目をそむけないであげてくださいね。

▼ジーーーー

ノック・ノック キアヌ・リーブス
映画『ノック・ノック』は、6月11日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開です。続報をお楽しみに。

監督:イーライ・ロス
脚本:イーライ・ロス|ギレルモ・アモエド|ニコラス・ロペス  
      
出演:キアヌ・リーブス|ロレンツァ・イッツォ|アナ・デ・アルマスほか
2015/アメリカ/99分/シネスコ/デジタル/原題:Knock Knock/R-15

STORY
家族思いの献身的な父親・エヴァン(キアヌ・リーブス)は週末に仕事の都合で一人留守番をすることになる。その夜、ドアをノックする音がし、開けるとそこには雨でずぶ濡れになった二人の美女が立っていた。ジェネシス(ロレンツァ・イッツォ)、ベル(アナ・デ・アルマス)と名乗る二人は道に迷ってしまったため助けを求めていた。彼女たちに暖をとるように招き入れるエヴァンだったが、それは破滅の道への第一歩だったー。
配給:日活/東京テアトル
© 2014 Camp Grey Productions LLC

Facebookでコメントする!

Return Top