ホラサスDAYS

A・ガーフィールド主演最新作『ドリーム ホーム』1月に日本公開

ドリームホーム 『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのスパイダーマン役でおなじみ、ハリウッド映画界きっての演技派俳優、アンドリュー・ガーフィールド。

そんな彼が、本シリーズ以来初の主演を務めた社会派サスペンス『99Homes』(原題)が、邦題『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』として、2016年1月30日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開されることが決定いたしました。

欲望とモラルが交錯する


本作の舞台は、リーマン・ショック後のアメリカ。金、欲望、そしてモラルの間で、人生を狂わせていく男たちの姿を描きだします。

物語のベースとなっているのは、ノーベル賞を受賞したアメリカの経済学者ジョセフ・E・スティグリッツが、『世界の99%を貧困にする経済』の中で唱えた「世界中の富の4分の1をたった1%の最富裕層が所有しており、残り99%は貧困である」という説。それに加え、住宅ローンの返済不能により家を差し押さえられた人々の事実に基づき、製作されています。

あらすじ


無職のシングルファザー、デニス・ナッシュは、ある日突然、長年暮らしてきた家から強制退去させられる。家族の思い出がつまった家を、何としてでも取り戻そうとするナッシュは、自分たちを追い出した不動産ブローカー、リック・カーバーに金で釣られ、彼の儲け話に手を染めていく。

それは法の穴を抜け、銀行や政府、そしてかつての自分と同じ境遇の人々を巧みに操り、家を差し押さえて大儲けするというビジネスだった。

母親と息子に真実を言えないまま、人々を破綻させ大金を稼いでいくナッシュ。それにより、やがて自らも大きな代償を払うことに気づくのだが・・・。

実力派が勢ぞろい


家族を守るために道を踏み外していく男を生々しく演じるのは、『ソーシャル・ネットワーク』『アメイジング・スパイダーマン』シリーズで、世界的スターへと飛躍を遂げたアンドリュー・ガーフィールド。遠藤周作の小説「沈黙」を、マーティン・スコセッシ監督で映画化する『Silence』(原題)で主演を務めるなど、今後の活躍にもますます期待のかかる注目株なのです。

そして、冷酷な不動産ブローカー役には、『レボリューショナリー・ロード』でアカデミー賞にノミネートされた個性派俳優、マイケル・シャノン。さらに、『わたしに会うまでの1600キロ』での好演も記憶に新しいローラ・ダーンなど実力派が脇を固めます。

各国映画祭でも高評価


なんと本作、ヴェネツィア国際映画祭ほか世界各国で絶賛され、アメリカ大手映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」でも、満足度90%(10月26日現在)と高評価を獲得しているそう。

無職のシングルファザーと、冷酷なブローカー。敵対する二人だったが、やがて共謀関係に転じ一線を踏み越えていく・・・。堕落した社会システムに飲みこまれた男たちが行き着く、衝撃の結末とは? <家(ホーム)>とは何か、そして大切なものを守るために、人間はどこまでできるのか・・・? スリリングな展開に息をのむ、緊迫のサスペンスに乞うご期待!


映画『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』は、2016年1月30日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開です。

監督:ラミン・バーラニ
脚本:ラミン・バーラニ|アミール・ナデリ『CUT』
出演:アンドリュー・ガーフィールド『アメイジング・スパイダーマン』|マイケル・シャノン『マン・オブ・スティール』|ローラ・ダーン『わたしに会うまでの1600キロ』

2014年/アメリカ/英語/112分/5.1ch/シネスコ/原題:99Homes/日本語字幕:アンゼたかし
提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

STORY
無職のシングルファザー、デニス・ナッシュは、ある日突然、長年暮らしてきた家から強制退去させられる。たった2分間の猶予しか与えられず―。家族の思い出が詰まった家を何としてでも取り戻そうとするナッシュは、自分たちを追い出した不動産ブローカー、リック・カーバーに金で釣られ、彼の儲け話に手を染めていく。それは法の穴を抜け、銀行や政府、そしてかつての自分と同じ境遇の人々を巧みに操り、家を差し押さえて大儲けするというビジネスだった。母親と息子に真実を言えないまま、人々を破綻させ大金を稼いでいくナッシュ。それによってやがて自らも大きな代償を払うことに気づくのだが・・・。
Copyright ©2014 99 Homes Productions LLC All Rights Reserved

Facebookでコメントする!

Return Top