ホラサスDAYS

【観て後悔するなよ】『スーパークレイジー極悪列伝』控えめな予告編公開

スーパークレイジー極悪列伝 8月1日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷にて開催予定の、90年代香港バイオレンスムービーの特集上映『スーパークレイジー極悪列伝』。このほど、予告編が解禁となりましたのでお知らせします。


『スーパークレイジー極悪列伝』とは

■ 90年代・香港で誕生、エロ・グロ・バイオレンス描写を前面に打ち出した【Ⅲ級片(成人映画)】の特集上映

■ 上映作品は『八仙飯店之人肉饅頭』(劇場初公開)『エボラ・シンドローム~悪魔の殺人ウィルス~』(18年ぶりリバイバル)『タクシーハンター』(日本初公開)

■ いずれも香港の鬼才ハーマン・ヤウと、怪優アンソニー・ウォンがタッグを組んだ“極悪非道”な3作品

■ こちらの超問題作たちが一堂に会するなんて、まさに夢のよう

■ 日本の劇場で観られるのは、これが最後かもしれない・・・

■ アンソニー・ウォンの圧倒的な存在感も見どころ


さて、このほど解禁となった予告編はというと、グロテスクな描写はかなり控えめでソフトなバージョンとなっています。しかし、アンソニー・ウォンの圧倒的な存在感はひしひしと伝わり「これ本当に同じ人なの?」と、思わず疑ってしまうくらい、作品ごとにまったく異なる雰囲気を醸し出しているのです・・・・・・。

▼予告編はこちら


一体どの作品のアンソニー・ウォンが最も狂っているか、ぜひ劇場で確かめてみよう。

特集上映『スーパークレイジー極悪列伝』は、8月1日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷にて開催です。(各作品の上映時間などは決定次第、劇場公式サイトにて公開)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■『八仙飯店之人肉饅頭』※劇場初公開!
八仙飯店之人肉饅頭
STORY
1986年、マカオ。海岸でバラバラ死体が発見される。かなりの腐敗状況ではあったがなんとか身元を判明させた警察は、八仙飯店を営むウォンの身柄を拘束。非道な手によって自白に追い込まれたウォンは、元の雇い主であったチェン一家を皆殺しにし、店を乗っ取っていただけでなく、死体をバラバラにして饅頭の具にして客に食わせていたという、信じられない供述をはじめる。常軌を逸したウォンの行為は、中国全土を震え上がらせる。
©Golden Sun Film


■ 『エボラ・シンドローム~悪魔の殺人ウイルス~』※18年ぶりリバイバル!
エボラ・シンドローム~悪魔の殺人ウィルス~
STORY
小太りでサエないチンピラのカイは、ボスの女房を寝取ったことで殺されそうになるが、逆上してボス夫婦を殺し、アフリカへと逃亡する。十数年後、アフリカの中華料理店で働くカイは、豚肉を仕入れにサバンナの奥地の村を訪れる。その村はエボラ出血熱に侵されており、そのことを知らずに現地の住民をレイプし、体液を浴びてしまうカイだったが、なんとカイは一千万人に一人のエボラウイルス耐性を持っていた!こうして歩く病原体となってしまったカイは、人々を恐怖のどん底へと陥れる。
©Golden Harvest


■『タクシーハンター』※日本初公開!
タクシーハンター
STORY
保険会社で真面目に働くキンは、妊娠中の妻をタクシーに引きずられ失ってしまう。失意の底に落とされるも、タクシー運転手への憎悪が拭えないキンは、ある日、タクシーの中で妻を失った出来事がフラッシュバックし、意地悪な運転手を殺してしまう。とんでもないことをしたと思う反面、妙な達成感を覚えたキンは、香港中に蔓延る悪質なタクシー運転手全員に対して、堅く復讐を誓うのだったが・・・
©Media Asia Group

Facebookでコメントする!

Return Top